MENU
アーカイブ
カテゴリー
みぐち
東京都で夫と二人暮らしをしています。
持ち物は少なめ、ミニマルに暮らしたい。
多趣味なブロガーです。

10月のおすすめ本|アーモンド・寝ても覚めてもアザラシ救助隊

韓国の小説も紹介 2022年10月に読んだおすすめ本
  • URLをコピーしました!

10月は読んだ冊数はそんなに多くなかったのですが、心に残った本が多い一ヶ月になりました。

みぐち

最近は環境のこと(ゴミ問題・サステナブル・アップサイクルなど)が気になってよく読んでいます。

早速ですが、10月に読んでよかった本を4冊紹介します。読書の参考になれば幸いです。

目次

10月に読んだおすすめ本

①アーモンド/ソン・ウォンピョン

本屋大賞翻訳小説部門で一位になり話題の、韓国の小説「アーモンド」。

扁桃体(アーモンド)が人よりも小さく、感情を理解することができない少年が成長していく物語です。

感情がわからないということで物語は淡々と進むのかと思いきや、展開が早くサクサク進んでいき、とても面白い小説でした。

みぐち

読みやすく、今年読んだ中でもイチオシの小説です!

②寝ても覚めてもアザラシ救助隊/岡崎雅子

寝ても覚めてもアザラシ救助隊」は、タイトルに惹かれて読んでみました。

筆者の岡崎さんは小さい頃からアザラシが大好きで、現在では北海道紋別市にある「オホーツクとっかりセンター」に勤務しています。

本の内容は、

  • オホーツクとっかりセンターに勤めるまでのいきさつ
  • アザラシ保護の現状
  • アザラシの種類や生態

などアザラシづくしなのですが、アザラシにそこまで興味がなかった私でも、とても楽しく読むことができました。

みぐち

著者のアザラシ愛が詰まった一冊です!

みぐち

アザラシの写真やイラストもとてもかわいく、癒されました♪

③ゆっくり、いそげ/影山知明

東京・西国分寺のクルミドコーヒーのオーナーさんが書いたゆっくり、いそげ

内容は一巻して、「テイクではなく、ギブを」というように、贈与を大切にする経営が書かれていました。

もっとまったりした内容なのかと思って読んだのですが、しっかりとビジネス論が書かれていて、いい意味で裏切られた一冊です。

みぐち

3年前にクルミドコーヒーさんに行ったときの写真です♪
くるみ割り人形がかわいかったです!

④エコな毎日/中嶋亮太・古賀陽子

エコな毎日」は、日常生活でプラスチックを減らすためのアイデアが詰まった一冊です。

▼ 本を読んで実際に行っていることを、別記事で詳しくまとめています。合わせてご覧ください。

10月のおすすめ本 まとめ

月ごとの読書のまとめは2ヶ月目ですが、読んだ本のアウトプットをするいい機会になっています。

最近ヨガ教室に通いはじめたので、11月はヨガの本を読みたいなと思っています。

みぐち

みなさまも読書の秋をお楽しみください♪

ブログランキング参加中!
ポチッとひと押しが励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
みぐちのブログ│雑貨好きのミニマルライフ - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次