【キャッシュレス派】切符代・外食代を現金払いして、メリットを感じた話

キャッシュレス派が現金払いのメリットを感じた話
  • URLをコピーしました!

私はキャッシュレス決済が使えるお店では、必ずキャッシュレス決済をしています。

みぐち

最近では生活範囲のほぼ100%がキャッシュレス決済に対応していて便利です♪

そんなキャッシュレス派の私が、先日何度か現金払いをする機会がありました。

久しぶりの現金払いで新たな気づきがあったので、今回はブログにまとめてみることにしました。

みぐち

今回は軽めのエッセイになっていますので、軽い気持ちで読んでいただけると嬉しいです!

目次

現金を使った、とある一日の話

ICOCAを忘れ、現金で切符を買う

先日、エスニック系の料理が食べたくなり、ネットを調べて評価が高かった隣駅のタイ料理屋さんに、一人ランチをしに行くことにしました。

自転車で行けない距離ではないのですが、とても暑かったので電車で行くことにしたのですが…

みぐち

改札に着いてから、ICOCA(関西の交通系ICカード)を忘れたことに気づきました…

現金で200円弱の初乗り切符を1枚買って、電車に乗りました。

タイ料理店での支払いが現金のみだった

駅から少し歩き、念願のタイ料理屋さんに着きました。

900円のランチがあるとネットに書いてあったのですが、着いてからメニューを見たら、ランチセットのみで一律1,600円に変更になっていました…

みぐち

一人で食べるランチは1,000円以内にしようと決めていたのですが、店内に入ってから気づいたので、出るわけにはいかず…

タイカレーのセットはそこそこ美味しかったのですが、量も少なく、1,600円だと高すぎて、900円くらいが妥当だなという感想でした。

会計は現金のみだったので、5千円札を出してお釣りをもらいました。

みぐち

思ったより高くて、少し後悔しました。

帰りも切符を買って帰る

帰りも同様、現金で200円弱の初乗り切符を1枚買って、電車に乗りました。

みぐち

今回のランチでは交通費込みで約2,000円かかったので、使いすぎたなと反省しました。

今回現金を使って気づいたこと

①交通費を意識せずに使ってしまっている

普段の電車代・バス代は、交通系ICカードを使って払っているので、一回の移動で使う交通費をあまり把握していないことに気づきました。

ICカードへのチャージを適当なタイミングで5,000円分まとめてしていることも、交通費への意識が低くなっている要因かもしれません。

みぐち

切符を買うと、その日に使う交通費をしっかり把握できる点はいいなと思いました。

②現金払いは「お金を払った感」がある

タイ料理屋のお店から出た後も「今日のランチ、高かったな~」と思ってしまいました。

現金で1,600円支払ったことで、お札・小銭が減ることが目に見える=お金を使った意識が強くなることを実感しました。

みぐち

もし支払い方法が、クレジットカード決済やQRコード決済だったら、こんなに高かったと感じてなかったかも…?

キャッシュレス決済は便利ですが、お金を使っている感覚が希薄になってしまうことがデメリットだと改めて思いました。

みぐち

キャッシュレス決済で節約したい方は、支払い金額分のお札・小銭を頭の中に思い浮かべつつ使ってみるのもいいかもしれませんね。

現金払いのメリット まとめ

今回は、私のタイ料理ランチの実体験を元に、現金払いに感じたメリットをまとめてみました。

今まで私は、節約するならクレカやQRコード決済の方がポイントも貯まってお得!と思っていたのですが、現金払いだと「お金を使う」という感覚が取り戻せるというメリットもありました。

ただ、現金払いには下記のようなデメリットもあります。

  • 財布の中から小銭を探したり、お札の枚数が増えたりするのが面倒
  • お金をやり取りすることで、感染症のリスクが高まる

今後もキャッシュレス決済をメインにしていきたいので、お金を使っている感覚や、いくら使っているかをしっかり意識して、クレカ決済やQRコード決済を使いたいと思います。

みぐち

ゆる~い記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ブログランキング参加中!
ポチッとひと押しが励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
みぐちのブログ│雑貨好きのミニマルライフ - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次