【アップサイクル】Tシャツヤーン「mimimo」でミニかごを編んでみた

ミニかごを編む!mimimoのアップサイクルヤーン
  • URLをコピーしました!

先日、神戸三宮・元町周辺を歩いていた際に、雑貨屋さんでかわいいTシャツヤーンを見つけたので購入しました。

今回は、購入したmimimo(ミミモ)という糸の特徴と購入できる場所実際に作ってみた作品をご紹介していこうと思います。

みぐち

軽い読み物としてご覧ください♪

目次

Tシャツヤーン mimimo(ミミモ)

mimimoの特徴

mimimoは、今まで捨ててしまっていた切り落としの生地の耳を極太の糸に生まれ変わらせた、いわゆるアップサイクルヤーンです。

みぐち

生地の耳も使おう!ということでmimimoなんですね!

アップサイクルとは

本来であれば捨てられるはずの廃棄物に、デザインやアイデアといった新たな付加価値を持たせることで、別の新しい製品にアップグレードして生まれ変わらせること。

https://ideasforgood.jp/glossary/upcycle/

大正2年創業の群馬県桐生市の染色会社、土田産業さんの製品です。

捨てるはずだった部分を再利用していることに加え、元々有害物質を使わずに染められているので、より環境にやさしいTシャツヤーンと言えます。

mimimo 公式サイト

mimimoはどこで買えるか?

私は神戸・三宮にある雑貨屋さん、TODAY'S SPECIALで購入しました。

公式オンラインショップでは小物入れなどの完成品や、コースターキット、糸本体の販売もあります。

mimimo オンラインショップ

実際にミニかごを編んでみた

購入品:minimo【6m巻】

私が購入したのは6m巻(税込440円)。ぺージュの地に、控えめな茶色の花柄がかわいいです。

全部使ってもコースター1個分くらいにしかならないと判断し、かぎ針でミニかごを編みました。

使ったかぎ針【ジャンボ10㎜】

公式ではかぎ針10㎜~12㎜が推奨です。糸によって太さが違うので、糸に合わせてかぎ針を選ぶのがいいと思います。

私は持っていた10㎜のかぎ針で編みました。

かぎ針10号10㎜は違うので注意。10㎜の方が、より太い糸用です。

ミニかごが完成!

形に試行錯誤しつつ、20分ほどで編み終わりました。全部の糸を使い切りました。

輪ゴムが入るくらいのミニミニのかごですが、かわいくできて満足です!

mimimoのまとめ

手芸業界では数年前にズパゲッティをはじめとしたTシャツヤーンが流行ったのですが、最近ではあまり見かけなくなりました。

Tシャツヤーンなどの太めの糸はすぐに形になるので、かぎ針編み初心者の方にもおすすめです。

環境にやさしいアップサイクルヤーンで、手軽に手芸を楽しんでみるのもいいかもしれません。

みぐち

環境問題は難しいですが、取り入れやすいところから少しずつ考えていきたいと思います!

mimimo 公式サイト

アベノマスクのリメイク生地

ブログランキング参加中!
ポチッとひと押しが励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
みぐちのブログ│雑貨好きのミニマルライフ - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次