【育爪のビフォーアフター】オイルとやすりのシンプルなネイルケアの方法

育爪してみました シンプルなネイルケアのポイント
  • URLをコピーしました!

2021年の年末にOSAJI(オサジ)のネイルに出会ってから、セルフネイルにハマりました。

オサジのネイルは、爪(つめ)にやさしい処方で塗りやすくて気に入っていたのですが、半年ほど繰り返しセルフネイルをしていたら、少し傷んでしまいました。

みぐち

爪が少し薄くなり、元気のないピンク色に…

セルフネイルをお休みして、育爪(いくづめ:素の爪をきれいで健康的に育てること)をしてみることにしました。

今回は、実際にシンプルなネイルケアを取り入れ、実際に一か月間育爪をやってみた感想をまとめました。

この記事でわかること
  • シンプルなネイルケアのやり方
    • 続けやすいケア
    • 続けにくいケア
  • 一ヶ月でのビフォーアフターの写真
みぐち

自爪をキレイにしたい方はぜひご覧ください♪

目次

自爪のビフォー・アフター

before
after

左がビフォー、右がアフターです。

みぐち

爪の先の、白っぽい細かい線がキレイになりました!

写真ではわかりにくいのですが、爪のピンクがより健康的な色になっています。

実践したシンプルな育爪の方法

爪のケアの方法は諸説あるので、自分にあったやり方を見つけてくださいね。

後述する「女は爪で美人になる」という本を参考に、一ヶ月月のあいだ、爪のケアをしました。

下記の4つのポイントを気を付けながら、生活をしてみました。

育爪で気を付ける4つのこと
  1. 爪を切るときはやすりで
  2. 深爪しすぎない
  3. オイルで保湿する
  4. 爪を道具にしない
みぐち

一つひとつ見ていきます!

①爪を切るときはやすりで

つめ切りで爪を切るのは負荷がかかるようなので、爪やすりで削って短くしました。

みぐち

削り方は「女は爪で美人になる」という本を参考にしました。

週に一回ほど削っていたのですが、私の削り方が悪いからかもしれませんが、削るのに15分以上かかるので、なかなか習慣化は難しそうです。

あとは、爪の削りカスが細かくて、部屋に舞ってしまうところも少しマイナスポイントです。

みぐち

一ヶ月は爪やすりだけで生活しましたが、今後は爪切りと併用する予定です。

▼ 全く同じものではないのですが、このような爪やすりを使っています。

▼ 今は普通の爪切りを使っているのですが、SUWADAの爪切りが気になっています。

②深爪しすぎない

深爪気味に切ると爪のピンクの部分(専門的にはネイルベッドと呼ぶそう)が小さくなるので、指先の腹の部分から見て、爪が数ミリ見えるくらいまで伸ばすといいそうなのですが…

みぐち

爪が長いと、生活しづらい…

実際に一ヶ月爪の長い状態で過ごしたのですが、自分の中では少し不快に感じましたし、ピンクの部分が伸びた実感はありませんでした。

爪にとってはいいのかもしれませんが、自分にとっての心地よさが損なわれてしまうので、今後は爪を伸ばさず、深爪気味で過ごしたいと思います。

③オイルで保湿する

本には、一日7回オイルで保湿するといいと書いてあったのですが…

みぐち

マメな性格じゃないので、そんなに保湿できない!

ということで、気づいたときに一日1・2回、無理のない範囲でオイルを塗りました。

私は手持ちのオイルを使ったのですが、爪の裏(爪と指の隙間の部分:専門用語でいうハイポキニウム)にもオイルを垂らした方がいいようなので、専用のオイルがあると便利です。

▼ 爪の裏の保湿に使いやすそうなオイルが気になっています。

④爪を道具にしない

爪で缶を開けたり、ラベルを爪ではがしたりするのは、爪に負担がかかるのでやめましょう。

何気なくやってしまっているのは、パソコンのタイピングのときに爪を当てること

みぐち

なるべく指の腹の部分を使って、タイピングをするようになりました。

ふとんをたたむときなど、やわらかいものでも負担がかかるので注意が必要です。

育爪で参考にした本

爪のケアの方法は「女は爪で美人になる」という本を参考にしました。

この本は爪のケアの仕方はとても参考になったのですが、爪をきれいにすることで心・内面への影響があると書かれている部分が多く、それはいいすぎかなと思うところもありました。

みぐち

育爪の方法の部分だけ参考にするのがおすすめです!

私は図書館で借りて読んだのですが、本を購入すると爪やすりがついてくるので、すぐにケアができます。

みぐち

付属の爪やすりは、洗って繰り返し使えるのが魅力です!

育爪のまとめ

本を参考に一ヶ月半ほどネイルケアをやってみて、自分で継続できそうなこと、できなさそうなことをまとめてみました。

今後も継続できそうなこと

  • 爪をオイル・クリームで保湿をする
  • 爪を道具にしないように生活する

自分には続けるのが難しいこと

  • 爪やすりのみで過ごす
  • 深爪しすぎない

自分が心地よいと思えるネイルケア

  • 爪やすりと爪切りの併用
  • 自分にちょうどいい爪の長さを保つ

一般的にいいとされていることでも、自分が心地よくなかったり、無理して続けるのは意味がないなと思っています。

今後も爪に限らず、自分に心地よいことを第一に生活していきたいと思います。

おすすめのOSAJIのネイル

ブログランキング参加中!
ポチッとひと押しが励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
みぐちのブログ│雑貨好きのミニマルライフ - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次