【つげ櫛歴1年】椿油と歯ブラシで、薩摩つげをお手入れする方法と頻度

つげ櫛を椿油でお手入れする方法
  • URLをコピーしました!
みぐち

つげ櫛(つげぐし)を一年ほど前から愛用中です!

つげ櫛のお手入れはめんどくさそうだなと思っていたのですが、想像していたより簡単で10分ほどでお手入れができます。

今回はつげ櫛のお手入れ方法を、画像付きでわかりやすく紹介していこうと思います。

この記事でわかること
  • つげ櫛のお手入れ
    • お手入れに必要な道具
    • お手入れの頻度と方法
  • 私が愛用中の薩摩つげ
みぐち

画像が多くサクッと読める記事なので、つげ櫛に興味がある方にも読んでもらえたら嬉しいです!

目次

マイつげ櫛「喜多つげ製作所」

2本とも、鹿児島県指宿市(いぶすきし)にある「喜多つげ製作所」さんの薩摩つげ櫛で、3寸4.5寸を持っています。

使いはじめてから1年、髪がしっとりとまとまるようになってきました。

みぐち

大きい方は指宿の店舗で購入し、小さい方は楽天市場のふるさと納税の返礼品でいただきました。

ふるさと納税のつげ櫛はこちら

つげ櫛のお手入れ方法

どれくらいの頻度でお手入れする?

つげ櫛のお手入れ頻度に関しては、人によってまちまちで、2週間~3か月に一回と幅広かったです。

私が持っている喜多つげ製作所の公式サイトでは、月に一回程度、椿油でお手入れすることを推奨されていました。

みぐち

私は1か月~2か月に一回の頻度でお手入れをしています。

用意するもの

用意するものは3つだけ!

  1. ラップ
  2. 使い終わった歯ブラシ
  3. 椿油

椿油はドラックストアなどで1,000円前後で販売されています。私は黒ばら本舗の椿油を使っています。

みぐち

椿油を購入してから一年、もうすぐ使い切りそうです。

使用中の椿油はこちら

つげ櫛のお手入れ方法

①ラップの上に並べる

ラップの上に、櫛を置きます。

みぐち

後から櫛をくるむので、包める長さを用意します。

②椿油を付ける

つげ櫛に椿油をしみ込ませます。

みぐち

2つの櫛で、だいたい10滴ほどたらしています。

③歯ブラシで汚れを落とす

歯ブラシを使い、櫛の歯の間の汚れを掻き出すイメージでお掃除していきます。

汚れが気になるときは、椿油を塗って30分以上置いてからお手入れをすると、より落ちやすくなります。

④裏面も綺麗に

裏面も同様に綺麗にしていきます。

⑤パックにして数時間置く

ラップで包み、数時間置きます。

⑥完了

数時間置いたあと、余分な椿油をふき取ったら完了です。

みぐち

私はだいたい昼頃に椿油でお手入れして、8時間から10時間ほど置くことが多いです。

おすすめは、お風呂直前に、椿油を塗ったままの櫛で髪をとかすことです。そのあとお風呂でシャンプーすると、髪の毛がサラサラになります。

みぐち

櫛についた椿油を有効活用できるので、ぜひお試しください♪

つげ櫛のお手入れ まとめ

今回はつげ櫛のお手入れに必要なものや、お手入れ方法についてまとめました。

後日、つげ櫛の選び方についての記事も書きたいと考えています。

この記事がつげ櫛のお手入れに悩んでいる方や、つげ櫛に興味を持っている方の参考になれば幸いです。

今回紹介したつげ櫛はこちら

ブログランキング参加中!
ポチッとひと押しが励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
みぐちのブログ│雑貨好きのミニマルライフ - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次